日本最大級のトラックメイク、作曲、ビートメイクの大会。ビートグランプリ。

news

最新情報

> ニュースを一覧で見る

BEAT GRANDPRIX MUSEUM 2022 supported by TuneCore Japan の開催に寄せて

BEAT GRANDPRIXようすけ管理人です。

日本最大級の作曲/トラックメイクの大会「ビートグランプリ」。

コロナ禍でオンラインという制約もあるなか、仕方なくオンラインで、というのではなく、オンラインでやる意味のある大会を画策した。

その中で実行したのが「映像付きの音楽作品」というアイデアだった。

そうして昨年行われたのがBEAT GRANDPRIX MUSEUM 2021。

今実際に音楽の楽しみ方の一つとして近年定番化しているのがYOUTUBEにて音楽を楽しむというスタイル。

だから、最初から映像付きで競ってもらうというのは意味があるのではないかと思った。

映像付きコンテストは初めてだったので、成立するか心配もあった。

しかしフタを開けてみたら、音源のクォリティはさることながら、映像の制作力も素晴らしい作品が大変多く、まさに百花繚乱で様々な個性が世に知れ渡ることになった。

今年の大会はコロナも収束ムードになっている中、リアル大会に戻すことも考えた。

しかし、まだ100%には戻っていないということと、うれしい反響ではあるのだが映像付きで応募したいというリクエストをかなり頂いたので、今年も継続することを決定した。

昨年からの大きな変更点として、実写映像部門とヴァーチャル映像部門が分かれていたのをもっとわかりやすくするということで、各部門を1つに混合して、チャンピヨンは一人という図式にした。

理由は実写映像もバーチャル映像もクリエイティブという観点において、同じ体温で干渉することができたからだ。

CGであろうが実写でだろうが、作品の完成度として境界はないと感じたからである。

ただし、本来はトラックメイク主体の大会なので、評価基準として音源:映像は7:3ということでこれは昨年同様とし、来年からは元のフォーマットのリアル大会を予定している。

昨年は発表直後に、どういう大会になるのか、どういう作品を作ればいいのかという問い合わせも多かったが、今年の開催に関しては前年のフォーマットがある。

また、審査員達がどういう基準で評価しているのかということがわかりやすいと思うので合わせてご覧頂ければと思う。

(ヴァーチャル映像部門審査員コメント https://beatgp.com/virtual-comment/ | 実写映像部門審査員コメント https://beatgp.com/live-comment/)

今年は結果発表番組はフランス政府、大使館が管理・運営するフランス文化センター、アンスティチュ・フランセと提携して収録することを予定している。

また、韓国のCUOSHOPという音楽企業とも提携し日本を超えた大会を考えている。

去年はNess(Eschakra)、マザーズホットココアをはじめとするモンスタークラスのアーティストを輩出した。

今年はさらに進んだ展開も期待され、表現の多様化がさらに進むであろう。

BEAT GRANDPRIX MUSEUM 2022はさらに進んだ表現を求めています。

今年もよろしくお願いします。

ABOUT

ビートグランプリとは

日本最大級のトラックメイク,作曲,ビートメイクの大会を開催。

ビートグランプリの情報は各種SNSをフォローしてください。Twitter | Facebook | Instagram

ビートグランプリ(BGP・Beat Grand Prix)とは、日本最大級のトラックメイク、作曲、ビートメイクの大会です。

音源をsoundcloudにアップし事務局による審査後、10数名が決勝の舞台となるnagoya JB'Sに集結し音源をプレイし優勝者を決定します。(2022年はオンライン大会となります。)

過去の大会では、世界を代表するトラックメイクのブランドの多くにサポートを受けています。AKAI professional、APPLE BUM、HMV、High Resolution、JICO、KING OF KINGS、KORG、NATIVEINSTRUMENTS、Pioneer DJ、Roland、Sample Magic、SHEMER RECORDS、X-LARGEのバックアップを受け万全の態勢で開催されてきました。 また、ビートグランプリの趣旨に賛同いただいたBlock FM、LINE LIVE、FRESH!、InterFM、などのメディアが大会を盛り上げてくれました。

そして、大会の趣旨に賛同して頂けた国内を代表するビートメイカー、AVA1ANCHE、DJ BAKU、DJ DYE、DJ MOTIVE、GUNHEAD、OLIVE OIL、OWL BEATS、SEIHO、☆Taku Takahashi(m-flo,block.fm)、WATUSI、XLII、刃頭、呂布カルマ、DJ RYOW、RAMZAなどなどジャッジで協力いただきました。 MCにはミスターBEATGRAND PRIX、YOU THE ROCK★が毎年協力してくれています。

世界でもビートバトルのスタイルは徐々に普及しています。まだまだ日本でも数えるほどしか大会はありませんので、参考までに下記をご覧ください

なぜビートグランプリを開催するのか?

なぜビートグランプリを開催するのかを説明したいと思います。
現在の音楽シーンにとってダンスミュージック、ビートミュージックはクラブなどにとどまらず、CMソングや歌謡曲まで影響を与えます。

クラブやストリートから派生したカルチャーの中で各ジャンル様々な大会が行われます。
勿論表現の領域に優劣をつけるのはナンセンスという捉え方もあります。

しかし、ダンス、DJ、RAP、ビートボックスなどのジャンルでは様々な大会がありメジャー云々は別として、
その中でも影響力を与えるアーティストをHOOK UPするシステムが確立されています。

私はDJで最も歴史のある大会DMCのスーパーバイザーとして運営に携わらせてもらっていますが、毎年大変盛り上がって、 頂点を目指して多くのDJが切磋琢磨します。

そう考えるとトラックメイカーは、どうでしょうか?

私は普段OTAIRECORDというDJやトラックメイク、作曲機材を販売する仕事をしています。
トラックメイクには大変お金がかかります。

そして、機材購入してからも、大変な知識やノウハウを得るために勉強も必要です。レコーディングも本当に時間がかかります。大変です。

曲をやっと作ったとしても、ステージに上がる機会も少ないし、上がったとしてもシンガーの後ろのDJブースがせいぜいです。

もちろん、陰に隠れているポジションが心地よいという人間が多いのも事実です。
しかしそれを加味してもトラックメイカー、ビートメイカーは、地味な存在です。

それでも彼らはトラックを産み出し続けます。

なぜなのかというと、無から有を創造するという人間の根源的な快楽がトラックメイキングの世界には有るからです。

だからこそ今よりももっとスポットライトを当てたいし、日本のトラックメイキングのシーンを盛り上げたいと思ってこのイベントを立ち上げました。

我々は本気でトラックメイカー、ビートメイカー、作曲のシーンをも盛り上げたいと思っています。

おかげ様でビートグランプリは皆様のおかげで順調に運営しております。

単なる大会を行うだけでなく、決勝に進出したアーティストには、交通費も負担しますし、その後のプロモーションもお手伝いします。

トラック作りは孤独です。全国には部屋にこもってとんでもないビートを作っているアーティストがきっとたくさんいるはずです。

今年も昨年に引き続き、「音楽と映像の融合」という趣旨で完全オンラインの大会を行いたいと思います。

多くのトラックメイカー・映像クリエイターの挑戦をお待ちしています。

メインオーガナイザー
ようすけ管理人
(OTAIRECORD CEO/DMC JAPAN SUPERVISOR)

RULES

大会ルール

予選ルール

  1. ご自身のYouTubeチャンネルにミュージックビデオ(1~5分以内)をアップする。一人(組)、1回のみ応募可能。
  2. ビデオカメラ・スマホなどで撮影した素材を使った映像作品やアニメーションやモーショングラフィックの技術を駆使した映像作品など、ジャンルについての規定は特になし。 参考作品を確認ください。
  3. 映像制作者について

    ・実写映像作品:映像監督は必ず1人で行うこと。
    監督とは別にヘアメイク1名、カメラマン1名、アシスタント1名までは可。出演者の人数に制限は無し(AI技術の使用可)

    ・アニメーション作品:すべての制作過程を1人で行うこと(AI技術の使用可)

    ・ CG作品:すべての制作過程を1人で行うこと(AI技術の使用可)
  4. 著作権に抵触する素材を使った作品は不可。フリー素材の映像使用は可。
  5. 映像作品のフォーマット:MP4(圧縮形式H264)、解像度は1920×1080、フレームレートは29.97 / 30 / 60fpsのいずれかで制作すること。
  6. 作品のオーディオコーデック:24bit/48kHzを推奨。
  7. 楽曲のジャンルは問わない。また、ヴォーカルが入っていても構わないが、ヴォーカル単独のうまさや歌詞の内容は審査対象外。あくまでヴォーカルも楽器の一つとして扱い、楽曲全体のクオリティで審査する。
  8. 楽曲制作者について

    最大楽曲制作人数:楽曲制作者(ミックス・マスタリング作業含む)1名、ヴォーカル(ラップも含む)1名まで。(バンド等は不可・AI技術の使用可)
  9. 必ず本人たちが制作した作品でエントリーすること。楽曲制作者と映像制作者が別々でも可。運営事務局がルール違反と判断した時のみ失格となる場合がある。第三者からの通報は受け付けません。不明点があれば、エントリー前にBGP運営事務局に問い合わせをすること。
  10. お申込みはTuneCore Japan 特設応募ページのみにて受け付ける。
    ※お申込み条件として、ご応募時にTuneCore Japanのアカウント登録が必要になります。(既にアカウントをお持ちの方は、新たにアカウント作成の必要はございません。)
  11. YouTubeのタイトルは「アーティスト名 or ユニット名 / BGP2022」とする。例)「ABC / BGP2022」
  12. YouTubeのURLを保存し、TuneCore Japan 特設応募ページよりエントリーしてください。
  13. エントリーフィー2,200円(税込)のお支払いをお願いいたします。運営事務局が規定した日程までにお支払いが確認できない場合、エントリー不可とする。

    まずは、TuneCore Japan 特設応募ページよりご応募ください。自動返信メールにてエントリーフィーの案内をします。エントリーフィーのお支払いは、オタイレコードのショッピングサイトをご利用いただきます。
    (2022年11月4日(金)よりエントリー受付開始、2022年12月27日(火)締切)
  14. ビートグランプリ事務局により審査を行い、14名の決勝進出者を選出する。
    ※但し同率順位となった場合、決勝進出者の人数が変動する場合があります※
  15. 参加者の年齢・国籍は問わない。
  16. 審査基準は、独自の世界観(オリジナリティ)、映像の完成度(映像美などの追及)、アニメーションやモーショングラフィックの技術力、画力、楽曲の完成度、ミキシング、マスタリングの技術、映像と楽曲との融合性などで総合的に審査される。採点配分については、楽曲7:映像3の割合で評価します。
  17. ファイナリストに選出された方は、大会結果発表時に作品の二次使用が発生しますので、予めご了承ください。作品の権利は著作者のものとします。

決勝ルール

  1. 決勝進出者14名は、予選で使用した映像データを運営事務局に提出すること。その作品を元に審査員による採点&一般投票を行う。
  2. 決勝大会は運営側のYouTubeチャンネルにてファイナリストの作品をアップする。大会終了後も、一般公開となりますので予めご了承ください。(作品の前後にコマーシャル映像が入る場合があります。)
  3. 決勝進出者は事前にプロフィールとアーティスト写真、使用機材などを公開する。
  4. 決勝進出者は大会後のインタビューや取材などに協力すること。
  5. 順位は、審査員の採点順位、一般投票の順位の合算で決定する。
  6. ■審査員採点ポイント(審査員1人あたりの持ち点/楽曲審査員7名・映像審査員3名だった場合)
    (1位:30点、2位:20点、3位:15点、4位:12点、5位:8点、6位:5点、7位:4点、8位:3点 9位:2点 10位:1点)
    ※審査員の審査結果が同点となった場合は、当該順位のポイントをそれぞれ両名に付与する。※
    例)2位が二人だった場合、それぞれに20点を付与。3位は空位となり、4位が次の順位となる。

    ■一般投票ポイント
    (1位:15点、2位:10点、3位:7.5点、4位:6点、5位:4点、6位:2.5点、7位:2点、8位:1.5点、9位:1点、10位:0.5点)

  7. 合計ポイントが同数の場合は、審査員の採点順位が高い方を上位とする。さらに審査員の採点も同数だった場合、一般投票数が多い方を上位とする。
  8. 審査基準は、独自の世界観(オリジナリティ)、映像の完成度(映像美などの追及)、アニメーションやモーショングラフィックの技術力、画力、楽曲の完成度、ミキシング、マスタリングの技術、映像と楽曲との融合性などで総合的に審査される。
  9. ファイナリストに選出された方は、大会結果発表時に作品の二次使用が発生します。予めご了承ください。作品の権利は著作者のものとします。

ENTRY

応募
TuneCore Japan 特設応募ページよりエントリーしてください。

Reference

参考作品

SCHEDULE

スケジュール
スケジュール

JUDGES

審査員

敬称略。一部アルファベット順。

楽曲審査員

JAY PARK
JAY PARK
SONIC VALUE
鈴木 光人
鈴木 光人
スクウェア・エニックス
マザーズホットココア
マザーズホットココア
BGP2021実写映像部門優勝
☆Taku Takahashi
☆Taku Takahashi
m-flo, block.fm
noimage
Watusi
COLDFEET

映像審査員

真鍋 大度
真鍋 大度
Rhizomatiks
Lily Rinae
Lily Rinae
映画監督
Ness(Eschakra)
Ness(Eschakra)
BGP2021ヴァーチャル映像部門優勝
Shintaro Kunieda
Shintaro Kunieda
Pitch Odd Mansion / ITEMA

PRIZE

賞品

オンライン予選にエントリーした方全員に約6,000円相当の嬉しい特典プレゼント!!

※エントリーフィー(税込2,200円)をお支払い頂いた方が対象です。 詳細はこちらをご覧ください。

優勝賞品発表第一弾!オタイレコードで使える10万円分の商品券贈呈!

な・なんと!優勝者にはオタイレコードで使用できる商品券(ポイント)が10万円分贈呈されます!!

通常のポイント利用に伴う規約では、1回のお買い物で使用できる最大ポイントは10,000ポイントまでとなっています。

しかし、優勝者に贈られる当ポイントは上記の規約は関係なく、一回のお買い物で100,000ポイント使用することが可能です!!

※消費税・手数料・送料はご使用いただけません

詳細はこちらをご覧ください。

PAST RESULT

過去大会結果