Special Art Movie&大会結果発表映像を「SUPER DOMMUNE」にて放送決定!!

chilloutday
一般投票、審査員の投票の集計が終わり、いよいよビートグランプリCHILL/AMBIENT2020の結果発表日が2020/12/17(木)に決定!!

結果発表の日は日本全体を「CHILL OUT DAY」として、「世界でも稀にみる美しく、穏やかな戦い」が行われます。結果発表だけではなく、ライブやダンスを交えながらのCHILLでAMBIENTな時間をお送りします。

”SUPER DOMMUNE”とのコラボが決定!!

dommune

Special Art Movie&大会結果発表の映像は、「SUPER DOMMUNE」とコラボして配信することが決定しました!!

映像の配信の他にも、今までのビートグランプリの歴史や、今回何故Chill/Ambientがテーマだったのか、そもそもChill/Ambientとは何なのか?など、大会について主催者や出演アーティストを交えながらのトークも行います。

まだまだコロナの不安を抱えている方も多くいらっしゃると思います。そんな大変な時ですが、この日「CHILL OUT DAY」だけでも素敵な音楽に癒され、少しでも不安を忘れられる時間を作れたらと思っています。

トラックメイカーを始めとした表現者が今できる事、皆さんで2020 年のCHILLOUT/AMBIENT を考えてみませんか?

ART MOVIE “BEAT GRANDPRIX 2020 CHILL/AMBIENT”について

yosuke

トラックメイカーは、ラッパー、シンガーやDJ などと違って日陰の存在だ。

彼らがスポットライトを浴びている時、トラックメイカーは、スタジオにこもってひたすら作業をしている。
そんなトラックメイカーたちにスポットを当てるべく始まった日本最大級のトラックメイクのコンテストBEAT GRANDPRIX。

5回目の今年は新型コロナウイルスのあおりを受けてやむなくオンラインでの開催となった。

コロナウイルスに対してどう対峙していくのか?
これが今年のBEAT GRANDPRIX のテーマだった。

BEAT GRANDPRIX は今までアグレッシブなビートを戦わせるビートバトルの方式をとってきた。
世界的に見てもコロナウイルスによって多くの死者や患者が出ている状況の中で、開催自体も危ぶまれたのは事実だ。

しかし、この状況でも、音楽の可能性を信じて真正面から対峙していく、それが大会に課せられた役割なのではないか?と思った。
次々と中止されていくリアルな音楽イベント。

それに対してオンラインという手段を使ってどういった方法が有効なんだろうと考えた。
その結果たどり着いたのが「2020年のCHILLOUT/AMBIENT を考える」というスタンスだ。

世の中をHEALすべく、「世界でも稀にみる美しく穏やかな戦い」をやろう。
FINALのRESULT とともに、2020 年のCHILLOUT/AMBIENTをみんなで考えるARTMOVIE を作る。

こうして完成したのがART MOVIE「BEAT GRANDPRIX 2020 CHILL/AMBIENT」だ。
日本全国250 人ものエントリーの中からFINALIST14 人が選ばれ、インターネットによる投票、審査員の評価を合算し、今年のWINNER を決めるというこの大会。
ART MOVIE の中で、8位から優勝者までのトラックをゆっくりかけ発表していくスタイルをとった。
予選では様々な解釈のCHILLやAMBIENTが表現された。まさに穏やかなる激戦だった。
その中で残った14名。

世界を蝕んだコロナウイルスに対して、2020年のCHILLOUT/AMBIENT を考えるべくエキシビジョンLIVE も合わせて開催した。
エキシビジョンLIVEは4人のアーティストにオファーした。
倍音成分をあわせもった透き通るようなボイスのシンガーソングライター南壽あさ子。
溢れんばかりの情念と繊細な表現を同居させたクラシックピアニスト菊地沙織。
楽器を手にした瞬間に稀有な集中力を発揮し世界を演出するサキソフォニスト中園亜美。
そして、神と対峙するように彼独自の世界観を作り上げる不世出なDJ、HIROSHI WATANABE aka KAITO。
この4 人のライブの後にFINALのRESULTが発表される。花を添えるのはCHIEMI FUKUMORIをはじめとする4人のコンテンポラリーダンサー。
様々なスタンスを持つアーティストたちがそれぞれの感性とキャリアで2020年のCHILL/AMBIENTを表現する。
そして、その解釈を背負った上で、今年の8人のFINALISTの楽曲が順番に流れる。

コロナウイルスにより蝕まれ悲しみに包まれた世界をHEALする特別な一日。

2020年冬極東の地、日本で行われた。

傷ついたら、焦ることはなくまず気持ちを整える。
決して焦る必要はない。今トラックメイカーたちにできること。
ミュージシャンにできる表現の可能性を形に残したアートムービーがここに完成した。

「世界でも稀に見る美しき戦い」を感じてほしい。

あなたも是非考えてみてほしい。今何が必要なのかを。
音楽はいつの時代も形を変えて生き残っていくのだ。

ART MOVIE「BEAT GRANDPRIX 2020 CHILL/AMBIENT」

番組詳細

OTAIRECORD presents BEAT GRANDPRIX CHILL/AMBIENT 2020 supported by TuneCore JAPAN
“CHILL OUT DAY” ~世界でも稀にみる美しく穏やかな戦い~

配信先:
SUPER DOMMUNE

配信日時:
2020.12.17(木)
20時~24時

番組出演者:
<トーク>
ようすけ管理人(Organizer|OTAIRECORD)
kakinone(Director|OTAIRECORD)
HIROSHI WATANABE aka KAITO (Transmat / Kompakt)
南壽 あさ子
菊地 沙織
中園 亜美
福森 ちえみ
Qunimune(ビートグランプリ2017 Champion)
FKD(ビートグランプリ2019 Finalist)

<DJ>
HIROSHI WATANABE aka KAITO (Transmat / Kompakt)

Special Art Movie出演者

Presenter

HIROSHI WATANABE aka KAITO
福森 ちえみ
演出・振付・Dance
永田 桃子
Dance
織田 駿
Dance
岡村 俊也
Dance

Exhibition Live

南壽 あさ子
Singer‐Songwriter
菊地 沙織
Piano
中園 亜美 × 森田 真奈美
Saxophone × Piano